So-net無料ブログ作成
映画/TV/映像 ブログトップ
前の5件 | -

大河ドラマ「平清盛」に兵庫県知事がまた・・・ [映画/TV/映像]

大河ドラマ「平清盛」については、
放送開始すぐに兵庫県知事が画面が汚いとクレームをつけましたが、
放送終了後も文句を言っているようですね。

あれほど言ったのに画面が汚いのが改善されなかった・・・

貴族ばかりが美味しい思いをして、
庶民はその日の食事どころか生きていくのさえ難しい世の中。

きらびやかな貴族の屋敷と庶民の崩れそうなぼろ家、
美しい庭園と都の外の荒れた土埃ばかりの道。

「平清盛」ではそんな対比が画面で表現されていて、
朝廷の犬としてしか生きていくすべのなかった武士、平氏と源氏が
不公平な世の中の仕組みを変えようと立ち上がるための背景があの画面だったと思います。

兵庫県知事が画面が汚いと言ったのが
フィルム風の画面の作り方のことなのか、あるいは
ほこりだらけの街の風景のことなのかわかりませんが、
今の高画質テレビだからこそできた画質で、
あえてそういう作り方をしてきたはず。

知事のクレームで多少は手を加えたかもしれませんが、
基本的な作り方は最後まで貫いたNHKを私は評価します。

更に知事は、話が難しかったとも言っているようです。

話が難しく感じたのは、平家と朝廷との複雑な絡み(これは私もよくわかりません)の他、
戦国時代や幕末と比べてあの時代はなじみが薄いこともあったかもしれません。

また、「おごる平家は久しからず」と言われるように
源氏と比べて平家は余りよいイメージが持たれていないのかもしれません。

確かに、ドラマの中でも
平治の乱で源氏を破り、平家が力をつけてからは
朝廷に取り入って重要なポストに平家の人材を送り込んで
世の中を平家の思うがままに動かそうとし、
挙げ句の果ては都を福原に移そうとまでします。

「武士の世」を目指してきた清盛は、
いつの間にか目指す方向を取り違え「平家の世」を作ろうとしているのが、
誰の目にも(平家の中でも)明かとなります。

これを打ち砕き、本来あるべき姿の「武士の世」へと修正していったのが
源頼朝、その後の源氏を中心とした武家社会の形成につながっていきます。

その意味で、平清盛が作った社会は(間違っていたかもしれないけれども)
歴史を変える一つの大きなステップといえるのではないかと思います。

大河ドラマ史上最低の視聴率を記録することになってしまったのは残念ですが、
「平清盛」私は楽しませてもらいました。
(レコーダーの不調で途中見ることのできなかったところもありますが)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ディズニーがルーカス・フィルム買収、 [映画/TV/映像]

このニュースには驚きました。

更に、スターウォーズの次のエピソードを製作、
2015年に公開とのこと。

エピソードⅣ~Ⅵが完結したときには、
ルークはこれからどんなジェダイになるのか、
ハン・ソロとレイアは結婚するのか、どんな子供が生まれるのだろう、
とか、色々と続きを見てみたいと思ったものです。

ところが、新たなエピソードでルーカスは
アナキンの幼少期から、ジェダイになり、
やがて暗黒面に落ちてダース・ヴェイダーになるまでを
描きました。

様々なキャラクターの中で
一番人気とも言えるダース・ヴェイダーですから、
エピソードⅥを見た人なら誰でも
なぜアナキンはダース・ヴェイダーになったのかと
興味を抱いたはずです。

エピソードⅠ~Ⅲでその謎が完結したとき、
Ⅶ以降のエピソードはいらないと思った人も多いはず。

でも、元々ルーカスは、
スターウォーズは9エピソードの物語だと
言っていたことも事実だし、
幻で終わるはずだった未来のエピソードができるのならば
ルーカスの構想は完成することになるでしょう。

しかし、ファンの心理は複雑です。
特にスターウォーズファンは・・・

現に、初期の三部作(エピソードⅣ~Ⅵ)だけでいいという友人もいます。

私はⅠ~Ⅲがあってこそ、Ⅵのラストシーンでの
ダース・ヴェイダーの死が活きると思っています。

人間ならば誰でももっている強さと弱さ、
そしてすべての愛を失ったとき
ダース・ヴェイダーの道を歩むしかなかったアナキン・スカイウォーカーという
1人の人間の悲しい物語が完成したと考えています。

ところが、今回の買収で
その続編をディズニーが描くという。

エピソードⅥに登場したイウォークなどはどちらかというと
ディズニーの世界に近いかもしれませんが、
そんなイメージの延長で次のエピソードを作るとなると
単なるファンタジーで終わってしまいはしないかという心配もあったりします。

まだできてもいない作品の心配をしてもしょうがないし
評価のしようもないのですが、
どうにも中途半端になっている
ナルニア国物語の二の舞にならなければ・・・と願うばかりです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

SWエピソード1 3D見てきたじょ! [映画/TV/映像]

あのスターウォーズが劇場で、それも3Dで見られる。

ファンにとって、こんなにうれしいことはない。

3月16日に公開されて、
早速17日土曜日に見てきた。

もちろんストーリーや登場キャラなどは周知なので
今更改めて書くことはないけれども、
なんといっても劇場の大スクリーンで見られること、
それが一番の楽しみだ。

今はテレビのサイズも大きくなって、
画質も昔のビデオなどとは比べものにならないほどきれいになった。

でも、
同じものを見るにしても
あの巨大なスクリーンの迫力は
やはり劇場でないとね!

特に、3Dにするには
スターウォーズなんか最高の作品でしょ!

ポッドレースのシーンなどやっぱり迫力あるわ。

もちろん、大スクリーンで見る
ナブーでの通商連合との戦いの楽しさは
いうまでもない。

それに、
ダース・モールとクワイ=ガン、オビ=ワンの
ライトセーバーバトル。(^_^)b

改めて
ダース・モールのあのライトセーバー
ええわぁ~

画像は、3D化したといっても
いかにも3Dにしました、というような違和感もあまりなく
普通に楽しめてよかった。

でも、
土曜日の割に観客が少ないと思ったのは
天気が悪かったせいなのか
旧作品だからなのか

他にいくらでも新しい映画はあるし、
もしかしたらこれを見るのは
どちらかというと熱心なSWファンばかりなのかもしれないけどね

次はエピソード2。
楽しみやぁ
(2を超えて、すでに3を楽しみにしてるかも)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大河ドラマ「平清盛」(第7回)の録画中にレコーダーが固まった [映画/TV/映像]

色々な意味で話題になっている今年の大河ドラマ「平清盛」。

本当はリアルタイムで見るのが一番イイに決まっている
とわかってはいるのだが、
夕食時で家族で他の番組を見ているので
いつもレコーダーで録画して、
あとから落ち着いて見る。

ところが、
先週2月19日放送の第7回が
録画途中で止まったまま
レコーダー自体も固まってしまっていたのだ。

リモコンも効かず、本体の電源スイッチも効かなかったので、
コンセントから抜くしかなかったが、
入れ直したあとは他の番組を順次録画できている。

と、安心して
土曜日の再放送を予約した。

ところが、
その再放送も録画途中でレコーダーが固まってしまっていた。

やはり、
電源コードを抜くしか復旧の方法はなかった。

これはどういうものなのか、
ハード的なエラーにしては頻繁すぎるし、
他の番組は普通に録画できているじゃないか。

「平清盛」第7回は
あきらめて中途半端で見るしかないとしても、
今夜の第8回はちゃんと録れるのだろうか。

もし同じようにだめだったら
う~ん、これは平家の呪いなのか・・・な~んちゃって

でも、
予約したものが予約通りに録れないのは
困るんだよね~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション(デアゴスティーニ) 購読中 [映画/TV/映像]

今、デアゴスティーニから出版されている
「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」を
創刊号から欠かさず買っています、

何しろ、子供のころはサンダーバードと怪獣もので
育ったようなものですから・・・

もちろん同社の「東宝特撮映画DVDコレクション」も
買いました。
(こちらは好きな作品、心に残っている作品、息子と一緒に見た作品など
一部のものだけですが・・・)

さて、この「ジェリー・アンダーソン」シリーズは
第2号に特製バインダーがついていました。

DSC_0006[1].jpg

同社の一連のシリーズには各巻をまとめることができるよう
バインダーが別売りされていますが、
この「ジェリー・アンダーソン」のシリーズは付録として
ついていました。

おお、太っ腹~と感心したものの、
よく考えてみると、
これを手にした以上は全巻そろえなさいよ、という
出版社の暗示ではないですか。

もっともこのシリーズはテレビの連続ドラマ(それぞれ一話完結ですが)なので、
好きな人は初めから全巻そろえるつもりで購読することになるのですが、
もしかしてそのつもりのない人でも
そうするように持ち込もうという出版社の意図が見え隠れしているように思えます。

そして、追加のバインダーも買わざるを得なくなるのですね、

それはともかく、このバインダー。

各号の冊子を表紙から取り外して
(製本は週刊誌などでよくあるホッチキスのようなものでなく糊付けだけ}
バインダーにとじこむようになっています。
(ご丁寧にもバインダー用の三つ穴が最初からあけてあります)

これで作品別に、あるいはテーマ別に分類できるというわけです。

ところで、ここでふと考えたのです。

ページを外した後の表紙はどうすればいいのか。
結局ごみとして捨てるしかないのか。

DSC_0005[1].jpg

これは「東宝特撮映画」シリーズの時も
同じ疑問を抱いたのを覚えています。

資源の点からもそうですが、
編集者やデザイナーは一生懸命作り上げたものが
読者のもとに届いたら、本としてはバラバラにされてあとはごみとなることを
どう思っているのだろうか、と・・・

まぁ、私などが心配するほどのことはないには違いないのですが、
クリエイターの立場で考えると、
なんだか少しかわいそうなような、もったいないような
気持ちになるのです。

保管方法などについては、
もう少し、読者の選択の余地があってもよいようにも思うのです。

でも、サンダーバード、謎の円盤UFOファンの私としては
とても素晴らしい、待ち焦がれたシリーズで、
もちろん全巻そろえるつもりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | - 映画/TV/映像 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。