So-net無料ブログ作成
サッカー/ガンバ大阪 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

日本サッカー ロンドン五輪出場決定! [サッカー/ガンバ大阪]

いいゲームやったね

シリア戦で負けたときにはどうなるかと思ったけれど
見事な勝利で堂々とロンドン行きを決めてくれました。

前半はちょっと攻めきれないところもあったけど、
後半はきちんと立て直して
扇原の先制ゴール、気持ちよかったわぁ

それに続く清武のゴール。

左サイドからセンターへのパスは相手DFに阻まれたが
右に抜けたボールに清武が絶妙なタイミングで上がってきて
ナイスシュート!

この追加点で
相手バーレーンは戦意喪失状態。

そしてやってきた歓喜の瞬間。

途中、千葉県沖で発生した地震も
おそらく気づいていない選手もいただろうし、
スタンドのオーディエンスの中にもわからなかった人もいるに違いない。

気づいたとしても
あの歓喜の中、すぐに飛んでしまっただろう。

とにかく、2-0で決めたロンドン行き。

本番が楽しみだ。

それにしても、
清武や扇原といったセレッソメンバーの活躍が目立つ。

ACL、J1開幕戦と二連敗スタートのガンバとしては、
セレッソのような若い層からの押し上げがうらやましい。


2012J1開幕戦ガンバ敗れる [サッカー/ガンバ大阪]

2012年のJリーグが始まった。

万博ホームでヴィッセル神戸を迎えての開幕戦となったガンバだが、
結果は2-3。

大久保に先制され、
前半終了の前にパウリーニョが同点ゴールを決めたのはよかったが、
ガンバの良かったのはそのあたりだけ。

全体を通してヴィッセルの良さばかりが
目立つゲームだった。

大久保は元気あるし、
北本のディフェンスは強力だし、
元鹿島の野沢はさすがにうまい。

特に、
2点目を決めた橋本は
ガンバ仕込みのゲーム運びのうまさが際立った。

今更ながら
橋本を手放したのはガンバにとって大きな損失だったと思うよ。

なぜ橋本を戦力外としたのか、わかりませんわ。

日本のサッカーの心臓といえる遠藤を擁し、
せっかく今野という最強の補強、
パウリーニョという攻撃の要も獲得しながら、
テレビ中継の解説で
昨年はイグノがいて・・・などといわれるようでは、
Jリーグの中でも常に優勝を狙えるチームに育ててきた西野前監督を解任し、
橋本というガンバにはなくてはならない選手まで放出して
新体制に移行したのは何の意味があるのか・・・

あ~これが西野さんなら・・・
と思うサポーターがどれほどいることか・・・

ACLの0-3の敗戦からどんなふうに修正してきたのか、
という点にも注目していたが、
逆に今シーズン不安のほうが先立つ開幕戦となった。


FC東京 天皇杯優勝おめでとうございます [サッカー/ガンバ大阪]

第91回天皇杯決勝。

結果はFC東京が京都サンガを破って優勝。

おめでとうございます。

関西人としてはやはり京都サンガに優勝してほしかったけど、
どちらのチームも初優勝をかけて
ここまで勝ち上がってきたのは素晴らしい。

天皇杯初のJ2同士の決勝とはいえ、
元々J1の力を持つチーム。

試合がおもしろくないはずはない。

とはいっても、実はテレビの録画を
私はまだ見ていません。

結果はわかっているけど、
ゆっくりした時間に見るのを楽しみにしています。

そういえば、FC東京のルーカスは
ガンバ時代に優勝経験があるんだよね。

ルーカスのプレーも楽しみや。


天皇杯決勝はJ2対決 [サッカー/ガンバ大阪]

いや~なかなか楽しかった。

J1のチームとJ2のチームの対決なら
ふつうはJ1が勝つやろうと誰もが思うだろう。

ところが、今年の天皇杯準決勝。

J1セレッソ大阪は、J2FC東京に敗れ、
J1横浜Fマリノスが、J2京都サンガに敗れ、
元日決勝はJ2同士の対戦という珍しい結果になった。

今、FC東京とセレッソ大阪の録画を見たが、
なかなか面白かった。

後半セレッソ大阪がFC東京を押す時間帯もあったけれども、
全体的にはFC東京のほうが有利な展開。

谷沢の貴重なゴールを守り切ったFC東京だが、
石川はもちろんルーカスの攻守の貢献が光って見えた。

そこに清武の芸術的ともいえるボール回しでセレッソもチャンスを作る。

特に終了間際のセレッソの連続のチャンスは惜しかった。

辛くも(といっていいだろう)FC東京が守り切ったが、
播戸投入後のセレッソは何かそれまでの時間と違う生き物になったように感じた。
(たとえが変ですが・・・汗)

実は、私は播戸が入ることを期待していたのだが、
見事にその期待に応えてくれたと思う。

セットプレーからのバンドのゴールは
残念ながらハンドで得点にはならなかったが、
これはきっと播戸は悔しいだろう。

ルーカスとの競り合いで手が上がったようだが、
でも、テレビで引きで見てもはっきりハンドとわかるプレーではあった。

いや、それにしてもやっぱり播戸という選手は面白い。

ガンバ時代も大いに盛り上げてくれたしなぁ

まだまだサッカーを面白くしてくれそうで
楽しみにしてるで!


ツネ=宮本恒靖選手が現役引退 [サッカー/ガンバ大阪]

ツネ=宮本恒靖選手が現役引退という見出しを見た。

過去、ガンバが輩出した選手の中でも
私の一番好きな選手が
この宮本恒靖だ。

ある意味、私がガンバのファンになったのは
ツネがいたから・・とも言える。

ガンバ大阪ユースからトップチームに昇格し、
さほど大きな体格ではないのに
その頭脳的なディフェンスは本当に素晴らしかった。

特に、DFラインをコントロールして
相手の攻撃を断つうまさは
ツネのトレードマークといってもよかった。

ガンバ大阪2005年のJ1優勝の立役者でもあり
(もっともこの年の優勝は全員が立役者だった)
日本代表、ジーコジャパンを引っ張るという
重責も果たした。
(2006年W杯では警告累積で予選リーグ最終戦は出場できなかったが)

そんな実績を積み重ねて
ガンバ大阪からザルツブルグヘ移籍、
ガンバファンは誰もが期待した。

ザルツブルグではそこそこの活躍はあったものの
定着するに至らなかったのは残念だが、
日本へ帰ってヴィッセル神戸で
元気な姿を見られたことはやっぱりファンとしてはうれしかった。

もちろん、できれば
青と黒のユニフォーム姿が見たかったけどね

でも、日本復帰後の関西ダービーで
万博でツネが見られたのは
敵とはいえ、うれしかったね。

今後はどんな活動をするのか
というのもまた楽しみだけれど、
ガンバや日本代表の育成なんかしてもらえたら・・・
なんて勝手なことを私などは望んでおります。

ともあれ、
長い現役生活お疲れ様でした。

おかげで
存分にサッカー(特にガンバ)を楽しませてもらいました。


前の5件 | 次の5件 サッカー/ガンバ大阪 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。