So-net無料ブログ作成
サッカー/ガンバ大阪 ブログトップ
前の5件 | -

2013年元日決勝、天皇杯は逃したけれど [サッカー/ガンバ大阪]

あけましておめでとうございます

元日といえば、天皇杯。

残念ながら、ガンバ大阪は柏レイソルに敗れてしまいましたが、
今季はJ2から来季のJ1復帰への大切なシーズン。

松波監督を日本一の監督にできなかったのは残念ですが、
長谷川健太新監督のもと、ガンバの実力を存分に発揮してもらいたいものです。

とにかく、私は今年もガンバ一筋で応援していきます。

今年の最後は、きっと笑っているはず!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

私は2013年、J2でもガンバ大阪のファンです [サッカー/ガンバ大阪]

ガンバ大阪が初のJ2降格というニュースがどのチャンネルのどの番組を見ても
トップに取り上げられているのを見ると、
誰もが本当にあり得ないことなのだと思っていたんだなと感じます。

そりゃそうですよね。

これまで毎年優勝争いの一角の常連だったし、
2005年のJ1優勝や、ナビスコカップも取ったし、天皇杯2連覇も達成、
ACLではアジアチャンピオンにまで上ったチームです。

ましてや日本代表の遠藤、今野を擁して
同じJリーグのクラブからも一目置かれる存在。

そのチームが、まさかの降格ですから。

魔の一日から時間が経って、
誰もがこの事実を事実として受けざるを得なくなり、
気持ちを切り換えて一年でJ1復帰という目標に向かって
動き始めている頃でしょう。

特に気になるのが戦力の異動。

今のところ、遠藤は
J2でもガンバに残って自分が中心となってチームを立て直す
という意向のようですが、
J1に限らずどのチームものどから手が出るほどほしいはず。

いい条件が提示されればどうなるかわからないし、
日本代表でプレーを続けるにはやはりJ1のほうがやりやすいはずだし、
ガンバとしてはJ2を闘って行くには代表で抜けられるのは厳しいでしょう。

ガンバファンとしては、遠藤を信じるしかありません。

今野についても同じでしょう。

そして、何人かの選手の入れ替えがあるとしても、
一番きついのはリーグ後半戦のガンバに大きく貢献したレアンドロと家長が抜けるであろう事。

今のガンバの攻撃力、得点力は、間違いなくこの二人なくして語れません。

今のところこの二人の穴を埋めるのは、
怪我で離脱している佐藤やパウリーニョというところでしょうが
レアンドロ、家長と比べるとまだまだ物足りない感じもします。

それこそ最終戦でガンバから先制点を奪った
前田遼一くらいの強力FWが必要でしょう。

何よりもガンバの大きな問題は、若い選手層が育っていないこと。

2005年前後のガンバは、ユース出身の選手がたくさん出てきて
実際ゲームで活躍していたように思います。

宮本しかり、大黒しかり、また稲本しかり・・・

もちろん今も二川というガンバ生え抜きのMFが10番を背負っています。

しかし、遠藤、二川、明神、(かつては橋本も)の黄金のMFが強すぎたのか、
若手が実戦で使われる機会が少なかったのも事実。

そのために家長を放出する結果となってしまった過去があります。

藤春などは特に期待できる選手だと私は思っているのですが、
今シーズンは昨シーズンほどの切れの良さが感じられなかったのが残念です。

来シーズンも是非ガンバに残って、J2をかき回してもらいたいと思っています。

ともかく、ガンバをここまで低迷させた一番の原因は、
リーグ優勝を始めガンバ大阪を強豪チームに育て上げ、
昨期リーグ3位という成績を残したにもかかわらず
西野監督を一方的に解任した会社経営側にあるのは間違いありません。

経営者は現場の監督でもないのに、
チームがここまで強くなったのは自分たちの功績であるかのように
優秀な人材を切ってしまうと言う大失態を演じてしまったのです。

選手を裏切り、サポーターを裏切り、ひいてはサッカーファンをも裏切ったのです。

シーズン途中でセホーン監督、呂比須ヘッドコーチを解任し、打つ手のないままに
会社はやむを得ず松波ヘッドコーチを監督に置き、十字架を背負わせたのです。

松波監督を責めることはできないと感じているサポーターも多いんじゃないでしょうか。

少なくとも私はそう思います。

いいチームを持ちながら、いい選手を抱えながら、いい監督やスタッフを揃えながら、
何もわかっていない経営者がまるでパズルのピースでも入れ替えるように遊び、
結局はパズルをばらばらにしてしまっただけのことです。

会社は、ファンを裏切るようなことだけはしてはならないのではないでしょうか。

会社側の体制をしっかりして、ガンバ大阪というチームが
再び、いや、もっと強いチームとなってJ1に帰ってくるのを期待するばかりです。

私は、2013年、J2でもガンバ大阪を応援し続けます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブラジルに0-4と完敗も日本にとっては大きな収穫 [サッカー/ガンバ大阪]

まさに、完敗です。

日本もずいぶん健闘していたけれど、
ちょっとしたミスがブラジルに大きなチャンスを与えたり、
圧倒的な個人技に振り回されたりするシーンもありました。

でも、本田や香川、長友も見せ場を作ってくれて
得点には至らなかったけれど
王国ブラジルを相手に何か見えるものがあったように思います。

この敗戦はただやられたゲームではなく、
日本サッカーにとって得るものは大きかったんじゃないでしょうか。

日本がワールドカップにやっと出場するようになった頃は、
ずいぶんブラジルになめられていたけれども
(確かに当時は大人と子供の試合ほどの力の差がありました)
この試合ではカカやネイマールをはじめ
まさにブラジルのオールスターという布陣で、
ようやく日本も王国ブラジルが認めるほどの力をつけてきたことを
実感させてくれました。

本田の、悔しいけれどやっていて楽しかったというコメントが印象に残ります。

また、この試合で国際Aマッチ出場記録更新となった
遠藤選手に大きな拍手を送りたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

公式戦5連敗のガンバ大阪 ドタバタ監督ヘッドコーチ解任劇 [サッカー/ガンバ大阪]

みっともないねぇ

現日本代表の遠藤や今野がいて、
代表経験者もそろったチームが1勝もできないって
おかしいやん!

監督と選手がかみ合っていないというか
なんか違うねん

その元凶をたどれば
突然の西野監督の解任に始まって、
呂比須ワグナーを新監督にと考えながら
ライセンス問題で引っかかり、
その師匠であるセホーンを呼ぶという
何もかも後手後手に回るガンバフロントのやり方の問題。

もちろんこんな事
ここで私が言わなくても
ガンバサポーターの多くが感じていることには違いないけど

西野さんは10年間かけて
ガンバ大阪をJリーグのお荷物チームから常勝チームに鍛え上げ、
Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯、ACL制覇と
素晴らしい成果を上げて
これぞガンバ!といえるスタイルを築き上げてきた。

それでもまだ西野さんにしてみれば
クラブ作りの途上だったに違いない。

にもかかわらず、
あたかも自分たちがガンバを強くした気になって
まるでゲームでもしているように
簡単に人事をいじくりたおすガンバフロント。

現場を知らない人間はこれだからしょうがない。

私としては別にセホーンや呂比須がいいとは思っていないけれども、
今回のセホーン、呂比須解任、
松波コーチの監督昇格も
結局はフロントの対応のまずさを露呈しているとしか見えない。

こうなった以上は
松波新監督に期待するしかないが、
今みたいなフロントの体制では多くを望むことはでけへんね。

いっそのこと開き直って
一回J2に降格してやり直すか。

セレッソもレッズも、
そしてレイソルもFC東京もそれで強いチームになって
J1に帰ってきたんやから

とにかく、
ガンバに求められているのは結果のみ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第2節大阪ダービーはガンバ2連敗 [サッカー/ガンバ大阪]

大阪ダービーというのは、やっぱりおもしろい。

ガンバは、開幕2戦同じ関西勢同士の戦いとなった。

特に、大阪同士ガンバとセレッソはまさに意地と意地のぶつかり合い。

どちらのチームにとっても落とせないゲームだ。

ところが、・・・である。

ライバルセレッソに敗れ、ガンバはACL第一戦を含め3連敗となった。

今期は失点をいかに少なくするかという課題を背負いながら
(この課題はセレッソも同じだが)
この3試合で8失点。

ガンバ、ちょっと深刻かも・・・

結果はわかっていたが、テレビの録画を見てみると・・

ゲームとしては両者緊迫感のあるいいゲームではないか。

ただ、攻撃サッカーを看板とするガンバとしては
最後まで攻めきれない展開で、
あまりガンバらしさがでていなかった。

序盤いまいち波に乗り切れていないながらも
何とかセレッソ陣地に攻め入るのだが、
なかなかチャンスにつながらず、
そうしているうちにセレッソの時間帯になり先制された。

相手ゴール前でファウルをもらい、
パウリーニョがこのチャンスを生かして同点。

1-1で折り返して、
後半はガンバらしいパスが生きてきた。

惜しいチャンスが何度かあったが、
ここで決め切れていればあとはガンバペースになったはず。

最後まで両者互角の戦いは
ゲーム終了直前のロスタイム、ケンペスのヘッドがセレッソに勝利をもたらした。

目立った選手はやはりセレッソの扇原、山口蛍、元気やなぁ・・
清武はそれほど目立つ場面はなかったが、
ロンドン五輪を決めた選手はやっぱりのりがいい。

日本代表の中心、遠藤は扇原や山口蛍を警戒してか
引き気味のポジションであまり攻撃に参加する様子ではなかった。

それでも、後半にはいると遠藤も前に出るようになり、
決定的なパスはやはり遠藤から。

こうなると、ガンバに元気が出てくる。

守備面では
やはり日本代表の今野、
あまりあたりが強い印象はないがしっかり相手の攻撃をつぶす。

中澤聡太もがんばってたね。

ただ、藤春は左サイドを一気に駆け上がっていくのが魅力なのに
このゲームではそれがあまり見られなかったのが残念だ。

もっと思い切っていけなかったのかなぁと思う。

負けたとはいえ、
このゲームでガンバらしさが少しずつ出てきたようにも見える。

開幕2連敗は痛いが、3節に期待したい。

3節は絶対落とされへんで!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - サッカー/ガンバ大阪 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。