So-net無料ブログ作成
検索選択
天文/宇宙 ブログトップ
前の5件 | -

金環日食 [天文/宇宙]

2012年5月21日、世紀の天体ショー。

金環日食を出勤前のいい時間に見ることができました。

6:19
DSC_0003.JPG
6:25
DSC_0005.JPG
6:42
DSC_0007.JPG
7:07
DSC_0009.JPG
7:18
DSC_0011.JPG
7:25
DSC_0013.JPG
7:29
DSC_0015.JPG
7:30
DSC_0017.JPG
7:34
DSC_0019.JPG
昔買った天体望遠鏡を久々に引っ張り出して、
太陽投影板に映し出したのを
ケータイで撮ったのですが、
ちゃんとしたカメラで撮ったらもっときれいに写っていたでしょう。
でも、大概こういう天体現象のあるときは
天気がよくないのに、
今回は多少雲はあったものの十分に観測できました。

二つの太陽をもつ惑星 [天文/宇宙]

天文学者の中にも、
スターウォーズのファンがきっとたくさんいるのですね。

まさか本当にこんな天体があるとは、ビックリです。

それにしても、第一作から34年を経過しているにもかかわらず、
スターウォーズ人気の根強さを改めて思い知らされます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ベテルギウスに超新星爆発の兆候 [天文/宇宙]

昨夜、駅から家に向かって歩いているときに夜空を見上げると、オリオン座が輝いていました。

それを見て思い出したのが、ベテルギウスが近々超新星爆発を起こすかも知れないという新聞記事。

恒星が終焉を迎えるとき、ガスを放出して収縮し、ついには爆発を起こして超新星になりますが、太陽など比べ物にならない巨大なベテルギウスの場合、地球から見ても満月ほどの明るさになり、昼間でも見えると予想されています。

時期としては数万年後と予想されていて、われわれが生きている間に見られるわけではなさそうですが、明日にでも起こりうるともいわれているようです。

もし、ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら、オリオンの右肩が消えてしまいます。

そうなると当然「冬の大三角形」はなくなるわけで、星座図も書き換えられてしまうのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ハッブル宇宙望遠鏡、最後の修理完了 [天文/宇宙]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=sci&aid=20090519-570-OYT1T00373


地球の大気に邪魔されずに宇宙を観測したい。

その願いをかなえてくれたのはHST=ハッブル宇宙望遠鏡だ。

HSTが今まで撮った画像はすばらしいものがたくさんあるが、私が一番気に入っているのは、へび座にあるわし星雲。

ガスやちりがまるで雲の柱のように3本立っていて、この柱の中に新しい星が生まれようとしている写真だ。

HSTの最高傑作だとさえ思っている。

そのほかにも、1993年にシューメーカー=レビー第9彗星(SL9)が分裂して列を成した状態で木星に衝突する瞬間の写真は、6500万年前に巨大彗星が地球に衝突して恐竜を絶滅させたときの再現を見ているようだった。

そのほかにも宇宙の起源を探る貴重な美しい写真を撮ってきたHSTも1990年に打ち上げられて19年。

今回の修理が最後の修理になるそうだが、これであと5~10年くらい観測できるという。

またすばらしい画像を見せてくれることを期待している。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

若田さん出張先は宇宙 [天文/宇宙]

ある朝、玄関をでる若田さん。

「じゃ、出張に行ってくるよ。ちょっと長くなるよ、今度は宇宙だから。」

なんて話している光景を想像すると、もうすでにSFの世界じゃないね。

でも、出張と言うよりどちらかというと単身赴任かな。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | - 天文/宇宙 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。