So-net無料ブログ作成
ミュージック/オーディオ ブログトップ
前の5件 | -

音楽番組の口パク [ミュージック/オーディオ]

先ごろ、某テレビ局の音楽番組を制作しているプロデューサーが、
自局の音楽番組から口パクを排除する旨の発言をしたことがネットに出ていました。

口パクといえば、オリンピックの開会セレモニーでだれそれが歌ったのは口パクだったとか、
歌手のだれそれが口パクを公表したとか、いろいろ報道されることもたびたびあります。

私はもともと舞台音響をやっていましたが、
ショーやライブでも、カラオケにはあらかじめヴォーカルの入ったものを使うこともありました。

半分程度のヴォーカルが入っているものは、
実際にマイクで拾う生のヴォーカルを適度にミックスすることによって
歌い手の息遣いやライブ感のある歌声を聞かせることができるのですが、
完全にバランスのとられたカラオケ(というより完全パッケージ)の場合は、
マイクからほとんど生の声は聞こえてきません。

これはもちろん主にアイドルやダンスグループのような、
ダンスや激しい振りを見せるショーに使われる手法です。

どんなうまい歌手でも、激しいダンスをしながら歌もうまく歌うなんてできることではありません。

しかし、せっかく舞台を見に来てくれるお客様に無様な歌を聞かせるわけにはいきませんから、
ある意味、口パクは必要悪といえるかもしれません。

それがライブ会場に来るお客様だけならともかく、
たくさんの人が見るテレビであればよりきれいに見せなければなりません。

視聴者もテレビを見ながら「あぁこれは口パクだな」とわかって番組を楽しんでいるわけで、
この時点で口パクは送り手と受け手の間で暗黙の了解が成立しています。

しかし、NHKなどは口パクはしないと聞いたことがあるし、
実際紅白などの音楽番組を見ていると、思わずこけそうな歌を聴かされることもあります。

実のところ、私自身は口パクは半ばお客さんをだますものだと考えているのですが、
いくらダンスやパフォーマンスが楽しくても、
歌がどうしようもなく聴けないものだったらやっぱり楽しみは半減するでしょう。

その意味で、よしあしはともかく口パクは必要悪として認めざるを得ないもので、
今後も音楽のショーでは消え去ることはないでしょう。

だから、音楽番組で口パクを排除したらどれだけのタレントが生き残っていけるだろうか、
という心配も一方ではあります。

逆に、口パクをいかにも口パクでないように見せる能力も
プロのタレントとして必要になってくるでしょう。

まぁ、実力派歌手であれアイドルであれ、その人の歌を歌として聞きたければ
いいとこどりのCDを聞いているのが一番です。

ライブやショー、テレビというのは、聴覚はそれなりに、
それよりもショーアップされた視覚やその場にいるという空気感が多くの部分を占めます。

そう考えると、このプロデューサーに賛同する一方で、
口パクかどうかはそれほど大きな問題でもないのかなとも思ったりします。


訃報 ホイットニー・ヒューストン [ミュージック/オーディオ]

目を疑った。

ホイットニーといえば、
一般的には映画「ボディガード」の出演とそのテーマが有名だが、
私にはデビューアルバム「Whitney Houston」の中の
「Saving All My Love For You」が
一番印象に残っている。

初めて聴いたとき、その澄んだ声、
伸びやかな歌い方に
思わず引き込まれたものだ。

「ボディガード」はもっていないが
「Whitney Houston」は私の愛聴盤の一つだ。

48歳。

まだ若いのに、惜しい。

そよ風の贈りもの

そよ風の贈りもの

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: CD



フィル・コリンズが引退宣言? [ミュージック/オーディオ]

一瞬目を疑いましたよ。

だってあのフィル・コリンズですよ。

家庭や子どものために音楽活動を一時休止するのはビッグなミュージシャンならよくあることですが、引退というのはただごとではありません。

今までヒット曲も数々あるし、音楽をやめても食べていけると言うことかもしれませんが、私のような今日明日の生活をどうしようかなどと考えているような庶民には考えられないことです。

貧乏人の愚痴はともかく、彼の心地よいハイトーンヴォイスが今後聴けなくなるのは世界中の音楽ファンにとっては残念でたまりません。

引退などといわず、落ち着いたらまた音楽活動に復帰してもらいたいものです。


日本人アーティストもグラミー賞受賞の時代 [ミュージック/オーディオ]

B'zの松本孝弘といえば日本でも指折りのギタリストだが、このたびのグラミー賞受賞でいよいよ世界のMATSUMOTOとなるか。

日本人のグラミー賞受賞自体驚きだが、受賞作品が何とあのラリー・カールトンとのコラボだというから、これも驚きだ。

ラリー・カールトンといえば、「Room 335」を聴いて私もギブソンのES-335にあこがれたものだ。(憧れのままで買うお金も腕もないけど)

そして、もう一人の日本人アーティストはピアニストの内田光子。

クラシックピアニストとして日本を代表する一人であることは音楽を知っている人なら誰でもご存知のはず。

アメリカ人の知っている日本の音楽といえば、一昔か二昔前までは坂本九の「Sukiyaki」ぐらいだったかもしれないが、ずいぶん前だがレイ・チャールズがサザンの「愛しのエリー」をカバーしたり、最近はトータス松本(ウルフルズ)のブルースアルバムがヒットチャートを賑わすなど、なかなかの健闘ぶりだ。

最近はサッカーでも日本代表から欧州の強豪クラブに移籍する選手が増えてきたが、音楽の世界でも本場アメリカで認められるミュージシャンがこれからどれだけ出てくるか楽しみだ。


ジョン・レノン命日 [ミュージック/オーディオ]

1980年12月のある日、私は大阪梅田の地下街を歩いていた。

ふと人だかりがしている、それも若い人が多かったので、何事かと見てみると号外を配っていた。

その大見出しには「ジョン・レノン」という文字。

自宅のアパートメントにヨーコ夫人と帰宅してきたところを、一人のファンによって殺されたというのだ。

さすがに驚いて、ジョン・レノンって、あのジョン・レノン?が殺された?と、にわかには信じられなかったのを覚えている。

この事件の少し前、長い休養期間を経てジョン・レノンは「ダブル・ファンタジー」というアルバムを出したばかりだった。

実はそれまでビートルズやそのメンバーのアルバムなど一枚も持っていなかった私が、初めて買おうと思ったのが「ダブル・ファンタジー」だったのだ。

この事件のあと、「ダブル・ファンタジー」は飛ぶように売れて、どのレコード店にいっても在庫がなくて結局手に入れることはできなかった。

このときはずいぶん残念な思いをしたが、もちろん今では普通にCDが発売されているし、私の場合、後に映画になった「イマジン」のサントラアルバムを買って、ビートルズ時代から「ダブル・ファンタジー」までのジョン・レノンの名曲を楽しんだものだ。

あの事件から早いもので30年、ビートルズ解散から40年、ビートルズデビューから50年という区切りの年。

昨年はビートルズの歴代のアルバムがデジタルリマスターで発売されたり、今年は青盤、赤盤がやはりデジタルリマスターで発売されるなど、ビートルズを巡る動きが今もなお盛んだ。

ビートルズはまさに時代を超えている。

ビートルズのアルバムが初めてCD化された頃、おおかたのアルバムを買ったのだが、まだ揃えないうちに年月がたち、ついに昨年のデジタルリマスター盤が出てからは、レンタルで聴いている。

White Album (Dig)

White Album (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI UK
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD

Revolver (Dig)

Revolver (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI UK
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD

Abbey Road (Dig)

Abbey Road (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD

音楽の良さはいうまでもないが、新しいサウンドを追求する彼らのびっくりするようなアイデア、それを実現するための技術革新は歴代のアルバムを聴いていくとその進歩ぶりがわかる。

楽器しかり、レコーディング技術しかり、その最たるものがマルチトラックレコーダーといえるだろう。

1950年代は1トラックのモノラル、60年代になって2トラックのステレオがようやく一般的になったが、ビートルズはこれを1トラックずつ録音して音を重ねた。

それが4トラック、8トラックとなり、作品を経るごとに重厚なサウンドになっていき、どれもがビートルズサウンドになった。

この陰には、研究者、技術者たちの見えない努力があり、それがビートルズを支えたといってもいい。

解散を控えた「Let It Be」で、メンバー間の確執が浮き彫りになり、バンドとしてのまとまりもなくなったのが音から感じられるのは、当時最高の技術によってその空気までも如実に伝わってくるからかと考えると皮肉なものだ。

そして4人でレコーディングした最後の「Abbey Road」は音楽面でも技術面でもビートルズのすべてが凝縮されたアルバムで、今聴いてもすばらしい。

ジョン・レノン、生きていれば70歳。


前の5件 | - ミュージック/オーディオ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。