So-net無料ブログ作成
検索選択
休日/家族/友人/健康 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

PCに夢中の娘 [休日/家族/友人/健康]

いつの頃からか、娘がPCをほとんど独占している。

おかげで私を含め、他の家族はなかなか使えない状態が続いている。

どうやらツイッターで友達同士でおしゃべりを楽しんでいるようだが、それ以外にもアニメゲーム動画サイトを見たりもしていて、一日5~7時間はPCの前に陣取っている。

昔に比べるとネットの速度も上がり、サービスも多様化して、ネットで動画を見るのは当たり前になり、半ばテレビ化しているようにも思える。

私もネットを始めた頃、チャットが楽しくて時間を忘れて何時間もやっていたこともあったから偉そうなことは言えないのだが、あまりにも娘が独占しすぎていてこちらが使いたいときに使えないのは困る。

ならば、別にPCを与えればいいと考えるのは自然のことだが、そんなお金もないし、むしろ使いすぎを抑えるためにあえて1台のPCを家族共同で使うようにしている。

置き場所も、際限なく使えないように牽制する目的もあって、私の部屋に置いてある。

しかしそれでもなお、遅い時間まで娘はPCの前を動かない。

以前と違って、私の今のPCの使い方といえば、ネットとメールのチェックで30分程度あれば十分で、PCに取り込んだ音楽をケータイやウォークマンに転送、編集するのにたまに1時間か2時間くらいかかることがあるくらいだ。

だから、私が使えないことに対してそれほど不満があるわけではないが、こういった私の意図をわかってかわからずか、娘が自分の都合で平気で遅くまでPCをやっていることが問題なのだ。

実は私は、仕事ではずっとPCを使っていて、近頃物覚えも悪くなったし、思考力が減退している気がしてならない。

これは、若い頃とは違うと言うこともあるには違いないが、やはり一日中PCに向き合っているせいなのではないかと考えている。

娘にはそんな風になってほしくない。

だから、PCの使いすぎには十分気をつけてもらいたいと思っている。


息子の卒業式 [休日/家族/友人/健康]

今日は息子の中学校卒業式でした。

東北関東で大きな地震、津波の被害が出ているにもかかわらず、大阪ではこのような式典ができることが、とてもありがたいことだと思います。

式典の中で、校長先生の挨拶の冒頭、被災地へのお見舞いの言葉がありました。

息子は阪神淡路大震災の年に生まれましたが、もちろん震災のあとなのでその恐ろしさを知るはずもありません。

でも、今も不安や空腹の中、不便な避難生活をしている東北、関東の人たちのことを思い、普通に卒業式を迎えられる喜びを噛み締め、四月から新しく高校生活を迎えられることを心から感謝してもらいたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

大阪天満宮へ合格祈願と初詣 [休日/家族/友人/健康]

今年はいよいよ息子の高校受験

今日はその合格祈願をかねて初詣に行ってきた。

行ったのは大阪天満宮。

110102_1115~01.jpg

 

新年二日目ということで、やっぱりたくさんの人でにぎわっていた。

合格祈願の絵馬も奉納したが、おびただしい数の絵馬がかかっていて、さすが菅原道真を祀ってあるだけのことはある。

いろいろな大学や高校の名前に混じって、希望の企業に就職がかなうよう願った絵馬もあって、今の世相を反映している。

何はともあれ、息子が希望の高校に合格できますように


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

落語の夢 [休日/家族/友人/健康]

先日、会社に古い友人が訪ねてきた。

彼はいわゆるIT関連企業の営業マンで、何年か前、仕事の関連で見積もりをとってもらったことがあるが、そのときは他社に依頼することになったので、ずいぶん久しぶりの再会となった。

話を聞いてみると、彼はこのたび退社することになったという。

彼はネットのコミュニティーで落語の会を主催しており、会員も数十名抱えている。

その会では各地の公民館や老人の施設などでボランティアで公演を行っているのだが、なかなか評判がよく、近頃あちこちから依頼が来ているそうだ。

今年になって新聞記事にもなり、さらに声がかかるようになって、大阪ばかりでなくずいぶんと遠くまで出張することもあるらしい。

思えば彼は、学生時代から桂枝雀の落語が大好きで、落研にこそ入ってはいなかったがなかなか話術がうまかった。

いかにも営業マンタイプ、大学を卒業してからはある企業に就職したが、後に自分で会社を立ち上げたほどの男だ。

これまで決して順風満帆な人生ではないに違いないが、そのときそのときで自分の夢を叶えてきて、今度は落語の夢、そしてたくさんの人に喜んでもらいたいという夢を叶えようとしている。

自分でも、「これで飯が食っていけるかわからないが」とは言っているが、「数字に追われるだけの人生ではつまらない」、とも言っている。

そして、この大英断である。

もし私が同じような立場だったら、とても決断できなかっただろう。

最近漫才やコントなどの若いお笑い芸人が花盛りだが、それに比べて落語というのは地味だ。

地味だけれども、とても奥が深い。

というのは、私も図書館で落語のCDを時々借りるのだが、よく聴けば聴くほどにおもしろいのだ。

ただおもしろいだけじゃなく、思わず背筋がぞくっとなるような怖い話、夫婦の人情にほろっとさせられる話など、いろいろあって本当に聴いていて楽しい。

ケータイやウォークマンには音楽に混じって、桂枝雀、桂米朝も入っている。

話が飛んでしまったが、友人である彼の落語の会の活動場所の一つとして、私の会社のお客さんの前で公演できないか、というものだった。

もちろん私としてもそれはおもしろいし、一度支配人に会ってもらおうと思っている。

そして、何よりもこれからの彼の成功を祈りたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

久しぶりのオフ会 [休日/家族/友人/健康]

いつもなかなかタイミングが合わずに参加できないのですが、昨日久しぶりにオフ会に参加することができました。

ニフティで出会った同世代の仲間たちとはもう一年以上会っていなかったのですが、今回の参加者の中には最初のころのオフ会以来数年ぶりの人もいて、私にとって楽しいクリスマス会兼忘年会ができてよかった。

会社の忘年会だとどこかで構えてしまって心から楽しめませんが、完全に仕事を離れた純粋な友達というのはやっぱりいいものです。

思えば一番古い人とは10年ほどの付き合いになりますが、みんな昔と変わらずにぎやかで楽しい仲間たちです。


前の5件 | 次の5件 休日/家族/友人/健康 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。