So-net無料ブログ作成
PC/インターネット/モバイル ブログトップ
前の5件 | -

Windows8発売 [PC/インターネット/モバイル]

新聞でもテレビでも、
今朝のWindows8発売開始(10月26日0時)のニュースの取り上げ方が
意外に大きいなと感じました。

カウントダウンの風景を見ていると
かつてのWindows95の熱狂的な風景を彷彿とさせます。
(が、95の時ほどではありません)

確かに、画面のインターフェイスも一新しているし、
タッチパネルに対応しているという点などは
これまでのWindowsとは違うかもしれません。

でも、正直それがどうしたの?と感じないでもありません。

タッチパネルでの操作をPCでもできるようにしたと言うことでしょうが、
すでにiPhoneや各種のスマホで多くの人が経験済み、
アップルが新しいiPadとiPad miniを発表して
タッチパネル操作は今やできて当たり前、
逆に今まで何でそれをPCでできるようにしなかったの?
と思うところもあったりします。

スティーブ・ジョブズがOSとハードの完全なパッケージにこだわっているうちに
ビル・ゲイツはより多くのハードに対応するOS=Windowsで
PCの本流となり、多くの人にPCを普及させたのは大きな功績です。

でも、マウスでアイコンをクリックする簡単な使い方を先に形にしたのはMacintosh、
今のスマホのスタイルはiPhoneが基本、
コンピューターをパネルだけにしたのはiPad、・・・

今度のWindows8も
やっぱりアップル(特にiPad)の後追いという感を抱いてしまいます。

今、会社でも家でも私はWindows7のPCを使っていますが、
特に8にアップグレードしたいとも思いません。

ネットを見たり、色々なアプリケーションソフトを使うのであって、
OSそのものを利用しているという意識はほとんどありません。

もちろん新しい情報は知っておく必要はあると思いますが、
新しいOSを実際に使うのは、
今のPCが使えなくなって買い換えせざるを得なくなったときのことです。

ともかく、8が、MeやVistaのようにこけないことを祈っています。


iPhoneのパーツの半分が日本製という事実 [PC/インターネット/モバイル]

iPhone5が出てからというもの、話題が尽きませんね。
(最近ではMapの精度についての話題はなかなか楽しめましたが)

大絶賛の内容から否定的な記事まで、ネット上はもちろん新聞やテレビまで
iPhone5の文字を見ない日がないほどです。

ジョブズが残したAppleの影響力の大きさは
やはりただならぬものがあります。

そのiPhone5に使われているパーツの5割が
日本のメーカーのものだと最近の新聞に出ていました。

もちろんSONY製のものもあります。

これを、SONYがAppleの軍門に下ったととらえるか、
したたかに生き残りを図ろうとしているととらえるか、
もちろんもっと違った見方もできるでしょう。

でも、MacのディスクドライブやバッテリーなどはSONY製だし、
iPhoneにSONYのパーツが使われていても何の不思議もありません。

そう考えると、世界を席巻している(?)Appleも
日本の技術なしには今の繁栄はなかったかもしれません。

スティーブ・ジョブズはMacをはじめとするApple製品の開発に
SONYの製品を参考(逆参考かもしれませんが)にしていたようです。

その成果がiPod、そしてiPhoneだといえるのではないかと思います。

連日、リストラだとか海外企業との資本提携だとかいうニュースばかりで
日本の家電業界(だけではありませんが)の先行きになかなか光が見えません。

その中で企業が生き残っていくためには
日本独自の技術力を活かしたパーツの提供も一つの手段でしょう。

でも、私が学生の時にカセットWalkmanを見たときの衝撃、
それをバイト代を貯めて手にしたときのうれしさ、楽しさは格別でした。

今から思うと、カセットですから音は今のデジタルプレーヤーとは比べものにならないし、
テープのノイズも半端ではありませんでした。

それでも、好きな音楽が外出してもどこでも聴けるということが画期的で、
そんな夢のような製品を作り出すアイデアを生み出したSONYというメーカーに
日本ばかりでなく世界中の人が傾倒したのは当然だったでしょう。

私もSONYに傾倒した1人で、Walkmanより以前は
FM、AMはもちろん世界の短波放送が聴ける
Skysensorというラジオ(以前このブログに書きました)に憧れ、
お年玉やお小遣いを貯めて買いました。

(SONYに傾倒したとはいえ、ビデオはVHSでしたが・・・)

あの頃のSONY製品に感じたときめきが
今のSONYをはじめ日本メーカーの製品に感じられなくなり、
それに取って代わってそのときめきやわくわくをうまく演出したのがApple。

その結果、
あのジョブズでさえ来日のおみやげに買っていったというWalkmanがiPodに苦戦し、
スマホの半分のシェアをiPhoneが占めるという現状になっています。

今、電車の中でスマホをいじる半分の人がiPhoneですが、
私はSonyEricssonのXperiaです(これも以前このブログで書きました)。

ケータイで使っていたおサイフケータイや赤外線がiPhoneでは対応しておらず、
当時はソフトバンクでしか販売していなかったのが理由ではありますが、
iPhoneには正直大いに興味がありました。

だから(というわけではありませんが)、娘の機種変更の時には
WindowsPhoneにしようとするのをiPhone4Sにさせました。

iPhoneにしろiPodにしろ、Apple製品はやはり魅力があります。

だからこそ、日本のメーカーにはがんばってほしいのです。

Appleに負けない魅力を持った製品の登場を期待しながら、
今日もXperiaを使い、Windowsパソコンで仕事をし、
何年か前のWalkman(512MB)を後生大事にしている毎日です。
(Walkmanもそろそろ8GBか16GBのがほしいんですけどね)

ところで、私はまだAppleユーザーになっていませんが、
タブレットだけはiPadがほしいと思っています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Xperia acroのカバー [PC/インターネット/モバイル]

去年のお盆の時、
ケータイからスマホに機種変更した。

それまで使っていた
CASIOのW63CAはまだまだ使えたし、
使うつもりでいたけれど、
家内の携帯が電波が使えなくなるため
機種変更しなければならなくて、
それと同時に家族の他のケータイも
お得に機種変更できるというキャンペーンに乗ってしまったのだ。

スマートフォンにはそれほどこだわりもなかったのだが、
NTT docomoから出ていた
Xperiaは何となくいいなと思っていて、
それがちょうどauからも出ていた時期だった。

そこで思い切ってこの機種に変更した。

慣れないうちはどこをどう触っていいのかも判らず
初めて電話を受けるときなど
とまどってしまって出るのに時間がかかったこともある。

Xperiaに魅力を感じていたのは
他のスマホに比べてボディが薄いということも一つある。

この薄さが気に入っていたので
ずっとカバーやケースはいらないと思っていたのだが、
ある時ふと床に落としたとき
これはやばい、と思って
ネットや店でカバーを探しはじめたのだが、
そのときはもう冬に入っていて
秋冬モデルが出そろい、
夏の機種に対応したカバーやケースが
店頭から少なくなっていた。

いくつかの携帯ショップや量販店を回ったが、
なかなか好みのものが見つからず
何とかたどり着いたのがこの写真のシリコンカバー。

IS11S.JPG

でも、いざ使ってみると
全体の厚みが増すのはしょうがないとしても、
ヘッドホンをつないだとき
カバーの厚みでコネクターが浮いた状態になって
役に立たなかった。

仕方がないので
そのじゃまな部分を切り取ったのが
上の写真。

上の面、他はつながっているのに、一部分が切れてるでしょ。
(写真手前に見えてるところ)

デザイン的には少々不細工かもしれないけど
これで音楽も楽しめると言うものです。

それでも、ワンセグのアンテナも引き出しにくいし、
カメラのシャッターも押しにくいし、
(そのあたりの機能はそれほど使わないのでいいけど)
全く
その辺のデザインをもう少し考えてくれたらいいのになぁ・・・


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

訃報 スティーブ・ジョブズ氏 [PC/インターネット/モバイル]

ビックリしたの一言です。

末期ガンの体でアップルのCEOを努めながら、
つい最近CEOを退任したのが
まだ記憶に新しい。

アップルはiPhone4Sを発表したものの、
期待のiPhone5ではなかったことに
投資家は肩すかしを食ったかたちで
アップル株が下がるという事態。

そこへもってきて
アップルの顔であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことは
アップルにとって大きな痛手ではないでしょうか。

ビル・ゲイツのマイクロソフトと激烈な競争を繰り広げ
ともに世界のPC市場を牽引してきたジョブズ氏。

アップルの創業者でありながら
一時はアップルを追われるという波乱もありながら、
再びアップルを率いるようになってからは
それまでの不振が嘘のように
アップルを再生させた功績は偉大です。

Macユーザーはもちろん、
Windowsユーザー(私もそうですが)も
ジョブズ氏の口から飛び出すアイデアから
一時たりとも目を離すことができませんでした。

そして、そのアイデアを実際に形にしてきた力は
単に技術力などという言葉では表せません。

いったいスティーブ・ジョブズという人の頭の中は
どうなっているのか、
本当は宇宙人なんじゃないかと思うほどです。

冗談はともかくとして、
この人がいなかったら、
コンピューターの世界はもっと違った形になっていただろうし、
技術の進歩も今より後れていたかもしれません。

ましてや、iPhoneの登場がなかったら
携帯はケータイのままだったかもしれません。

偉大な巨人、スティーブ・ジョブズ氏の
ご冥福を心から祈ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

iPhone4Sが正式に発表されましたね [PC/インターネット/モバイル]

とうとう正式に発表されましたね、新iPhone。

噂通りsoftbankからばかりでなく、
auからも発売されます。

ちょっと違ったのは、5ではなく、
4Sというバージョンだということ。

それでも、androidのシェアが
多少なりとも食われることは間違いないでしょう。

って、別にiPhoneを応援、支持しているわけではないのですが、
それだけスマートホンとしての存在感は圧倒的です。

でも、携帯電話の延長として考える私には
iPhoneは携帯電話に代わるものではなく、
電話機能も使えるけれども
全く別の次元の機械というイメージです。

携帯電話と同じように
おサイフケータイや、今まで使っている携帯メールや、
そのほか携帯電話で使っていた各種の機能が使える
androidスマートホンが私にとっては移行しやすいです。

私がXperia acroを選んだのも、それが理由でした。
(デザインも気に入っています)

でも、確かにiPhoneは不思議な魅力を持っていることは
間違いありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | - PC/インターネット/モバイル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。