So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽番組の口パク [ミュージック/オーディオ]

先ごろ、某テレビ局の音楽番組を制作しているプロデューサーが、
自局の音楽番組から口パクを排除する旨の発言をしたことがネットに出ていました。

口パクといえば、オリンピックの開会セレモニーでだれそれが歌ったのは口パクだったとか、
歌手のだれそれが口パクを公表したとか、いろいろ報道されることもたびたびあります。

私はもともと舞台音響をやっていましたが、
ショーやライブでも、カラオケにはあらかじめヴォーカルの入ったものを使うこともありました。

半分程度のヴォーカルが入っているものは、
実際にマイクで拾う生のヴォーカルを適度にミックスすることによって
歌い手の息遣いやライブ感のある歌声を聞かせることができるのですが、
完全にバランスのとられたカラオケ(というより完全パッケージ)の場合は、
マイクからほとんど生の声は聞こえてきません。

これはもちろん主にアイドルダンスグループのような、
ダンスや激しい振りを見せるショーに使われる手法です。

どんなうまい歌手でも、激しいダンスをしながら歌もうまく歌うなんてできることではありません。

しかし、せっかく舞台を見に来てくれるお客様に無様な歌を聞かせるわけにはいきませんから、
ある意味、口パクは必要悪といえるかもしれません。

それがライブ会場に来るお客様だけならともかく、
たくさんの人が見るテレビであればよりきれいに見せなければなりません。

視聴者もテレビを見ながら「あぁこれは口パクだな」とわかって番組を楽しんでいるわけで、
この時点で口パクは送り手と受け手の間で暗黙の了解が成立しています。

しかし、NHKなどは口パクはしないと聞いたことがあるし、
実際紅白などの音楽番組を見ていると、思わずこけそうな歌を聴かされることもあります。

実のところ、私自身は口パクは半ばお客さんをだますものだと考えているのですが、
いくらダンスやパフォーマンスが楽しくても、
歌がどうしようもなく聴けないものだったらやっぱり楽しみは半減するでしょう。

その意味で、よしあしはともかく口パクは必要悪として認めざるを得ないもので、
今後も音楽のショーでは消え去ることはないでしょう。

だから、音楽番組で口パクを排除したらどれだけのタレントが生き残っていけるだろうか、
という心配も一方ではあります。

逆に、口パクをいかにも口パクでないように見せる能力も
プロのタレントとして必要になってくるでしょう。

まぁ、実力派歌手であれアイドルであれ、その人の歌を歌として聞きたければ
いいとこどりのCDを聞いているのが一番です。

ライブやショー、テレビというのは、聴覚はそれなりに、
それよりもショーアップされた視覚やその場にいるという空気感が多くの部分を占めます。

そう考えると、このプロデューサーに賛同する一方で、
口パクかどうかはそれほど大きな問題でもないのかなとも思ったりします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。