So-net無料ブログ作成
検索選択

ディズニーがルーカス・フィルム買収、 [映画/TV/映像]

このニュースには驚きました。

更に、スターウォーズの次のエピソードを製作、
2015年に公開とのこと。

エピソードⅣ~Ⅵが完結したときには、
ルークはこれからどんなジェダイになるのか、
ハン・ソロとレイアは結婚するのか、どんな子供が生まれるのだろう、
とか、色々と続きを見てみたいと思ったものです。

ところが、新たなエピソードでルーカスは
アナキンの幼少期から、ジェダイになり、
やがて暗黒面に落ちてダース・ヴェイダーになるまでを
描きました。

様々なキャラクターの中で
一番人気とも言えるダース・ヴェイダーですから、
エピソードⅥを見た人なら誰でも
なぜアナキンはダース・ヴェイダーになったのかと
興味を抱いたはずです。

エピソードⅠ~Ⅲでその謎が完結したとき、
Ⅶ以降のエピソードはいらないと思った人も多いはず。

でも、元々ルーカスは、
スターウォーズは9エピソードの物語だと
言っていたことも事実だし、
幻で終わるはずだった未来のエピソードができるのならば
ルーカスの構想は完成することになるでしょう。

しかし、ファンの心理は複雑です。
特にスターウォーズファンは・・・

現に、初期の三部作(エピソードⅣ~Ⅵ)だけでいいという友人もいます。

私はⅠ~Ⅲがあってこそ、Ⅵのラストシーンでの
ダース・ヴェイダーの死が活きると思っています。

人間ならば誰でももっている強さと弱さ、
そしてすべての愛を失ったとき
ダース・ヴェイダーの道を歩むしかなかったアナキン・スカイウォーカーという
1人の人間の悲しい物語が完成したと考えています。

ところが、今回の買収で
その続編をディズニーが描くという。

エピソードⅥに登場したイウォークなどはどちらかというと
ディズニーの世界に近いかもしれませんが、
そんなイメージの延長で次のエピソードを作るとなると
単なるファンタジーで終わってしまいはしないかという心配もあったりします。

まだできてもいない作品の心配をしてもしょうがないし
評価のしようもないのですが、
どうにも中途半端になっている
ナルニア国物語の二の舞にならなければ・・・と願うばかりです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。