So-net無料ブログ作成
検索選択

J1第2節大阪ダービーはガンバ2連敗 [サッカー/ガンバ大阪]

大阪ダービーというのは、やっぱりおもしろい。

ガンバは、開幕2戦同じ関西勢同士の戦いとなった。

特に、大阪同士ガンバとセレッソはまさに意地と意地のぶつかり合い。

どちらのチームにとっても落とせないゲームだ。

ところが、・・・である。

ライバルセレッソに敗れ、ガンバはACL第一戦を含め3連敗となった。

今期は失点をいかに少なくするかという課題を背負いながら
(この課題はセレッソも同じだが)
この3試合で8失点。

ガンバ、ちょっと深刻かも・・・

結果はわかっていたが、テレビの録画を見てみると・・

ゲームとしては両者緊迫感のあるいいゲームではないか。

ただ、攻撃サッカーを看板とするガンバとしては
最後まで攻めきれない展開で、
あまりガンバらしさがでていなかった。

序盤いまいち波に乗り切れていないながらも
何とかセレッソ陣地に攻め入るのだが、
なかなかチャンスにつながらず、
そうしているうちにセレッソの時間帯になり先制された。

相手ゴール前でファウルをもらい、
パウリーニョがこのチャンスを生かして同点。

1-1で折り返して、
後半はガンバらしいパスが生きてきた。

惜しいチャンスが何度かあったが、
ここで決め切れていればあとはガンバペースになったはず。

最後まで両者互角の戦いは
ゲーム終了直前のロスタイム、ケンペスのヘッドがセレッソに勝利をもたらした。

目立った選手はやはりセレッソの扇原、山口蛍、元気やなぁ・・
清武はそれほど目立つ場面はなかったが、
ロンドン五輪を決めた選手はやっぱりのりがいい。

日本代表の中心、遠藤は扇原や山口蛍を警戒してか
引き気味のポジションであまり攻撃に参加する様子ではなかった。

それでも、後半にはいると遠藤も前に出るようになり、
決定的なパスはやはり遠藤から。

こうなると、ガンバに元気が出てくる。

守備面では
やはり日本代表の今野、
あまりあたりが強い印象はないがしっかり相手の攻撃をつぶす。

中澤聡太もがんばってたね。

ただ、藤春は左サイドを一気に駆け上がっていくのが魅力なのに
このゲームではそれがあまり見られなかったのが残念だ。

もっと思い切っていけなかったのかなぁと思う。

負けたとはいえ、
このゲームでガンバらしさが少しずつ出てきたようにも見える。

開幕2連敗は痛いが、3節に期待したい。

3節は絶対落とされへんで!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。